プロポリスの選び方

プロポリスの抗菌・殺菌作用

プロポリスは、ギリシャ語のプロ(防御)とポリス(都市)との複合語です。ミツバチが巣を守るために樹液などを塗りつける行為が、都市を守る姿とダブったのでしょう。プロポリスに代表される特徴は、この防御力です。特に、抗菌・殺菌作用は古くから世界各地で利用されていました。

なぜ、プロポリスに抗菌・殺菌作用あるのか

プロポリスは、ミツバチが花から集めるハチミツとは異なります。巣の中の卵や幼虫を微生物やウィルスから守るために、植物の樹液を集め体液を絡めて巣に塗りつけたものです。ユーカリやポプラなどのハーブや薬効効果のある植物の樹液には、強い殺菌・抗菌があるのです。特にブラジルなどの高温多湿地帯ではバクテリアやウイルスが多く繁殖しています。このような環境で育った植物は防衛力が強く、より抗菌・殺菌作用に優れています。

(参考)
プロポリスの抗菌・殺菌作用
http://palestinethinktank.com/13.html
強い抗菌作用を持つプロポリスは風邪予防の強い味方
http://kyoto-machiza.jp/antimicrobial-activity.html

プロポリスの歴史

プロポリスの抗菌・殺菌作用は紀元前300年頃から利用されていました。古代エジプト時代では、ミイラの防腐剤として使用されました。古代ギリシャ時代は、切り傷や感染症の薬としても利用されていたようです。20世紀に入るとプロポリスの効果は学術的にも研究されています。特にヨーロッパでは医薬品としての研究も進んでいます。

抗菌・殺菌作用が効果的な症状

プロポリスがもたらす効果には様々なものがありますが、特に抗菌・殺菌効果が認められるものには以下のような症状があります。

口内炎の予防

口の中に細菌やウイルスが繁殖すると口内炎を引き起こしやすくなります。プロポリス液を水に数滴たらして口の中をすすいだり、歯ブラシにたらして磨いたりすることで、口内を清潔に保ちます。

(参考)
プロポリスの口内効果
http://www.wickedliquidex.com/oral.html

風邪やインフルエンザの予防

風邪の原因のほとんどはウイルスによるものです。そのウイルスの中でも急速に増殖するのがインフルエンザウイルスです。プロポリスには抗菌・殺菌作用に加え抗ウイルス作用も認められています。プロポリス液を水にたらしてうがいしたりすることで風邪やインフルエンザの予防に効果があります。

(参考)
プロポリスのうがい効果
http://www.marchoule.net/002.html

様々なプロポリスの効果

プロポリスの効果は医学的にも研究されています。抗菌・殺菌効果では、リウマチや花粉症、胃炎や蓄膿症などの改善効果も報告されています。プロポリスは「天然の抗生物質」とも言われ、抗がん作用も期待されています。今後の研究結果が楽しみですね。

(参考)
プロポリスは天然の抗生物質の効果
http://virtualphilosophy.com/p6.html

ページのトップへ戻る